スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

トビウオの羽 

マヒマヒ=シイラが高知県で結納に使われているという記事を

あさっている最中に見つけた面白い記事。

↓トビウオの飛行は、シイラから逃れるために進化したらしい!!!

http://www.midori-miyagi.com/tree02/newpage318.html

おぉ!!そうだったのか。

でも、捌いてる時に出てくるのはイワシばっかりで、

まだトビウオを見たことがない気がします。



ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

コメント

>三丁目さん
丸々と肥えたイワシが出てくると、美味しそう~と思ってしまいますw
トビウオのシイラのバトル、見てみたいもんです。

シイラを捌いてイワシが出てくるということですが、それくらいイワシが多いからだと思います。釣をしていてもそこら一面イワシだらけでにげまわってます。それに対してトビウオはさほど大きな群れはみたことないです。
昔の人はシイラのことをシビトクイという人もいましたが、シイラは死んだ物は食べないみたいです。釣をしていてシイラを発見すると、でかい仕掛けに生きた小魚を刺して入れるとすぐ釣れますが、死んだ魚だとなかなか釣れません。生きて泳いでいるようにみせかけないと!
トビウオがシイラに追っかけられ飛んでにげ、シイラもジャンプして凄いバトルはみものです。
トビウオだけが飛ぶと思われているようですが、興津、志和沖でもシイラ、イトマキエイ、キハダマグロ、イルカもそうとうジャンプします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mahimahimaru.blog112.fc2.com/tb.php/191-bf6e3d10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。